企画展「富士山と須走口~須走口登山道調査速報展~」を開催中!!

12月15日より、企画展「富士山と須走口~須走口登山道調査速報展~」を開催しています。
当館では、ユネスコ世界遺産委員会における勧告を踏まえ、小山町教育委員会と共同で、2015年度より富士山須走口登山道の調査を進めており、今回の企画展では、この共同調査の成果を速報展として皆様にお知らせいたします。

(主要出品作品)
須走口登山道における最古の歴史資料となる至徳元年(1384)銘のある懸仏(小山町教育委員会所蔵)をはじめ、富士山へ奉納された文安二年(1445)銘の大日如来坐像(蔵春山宝持院所蔵)、天文十二年(1543)銘の懸仏(冨士浅間神社所蔵)など中世の資料5点を含む、計48点を展示いたします。
富士山頂と須走村の権利関係を示す古文書・古記録や、須走口登山道を対象とした各時代の絵図・絵葉書、須走口登山道の各施設に奉納されていた信仰資料を多数紹介いたします。

(開催期間)
2018年12月15日(土)~2019年2月11日(月・祝)9:00~17:00(最終入館16:30)
※会期中の休館日:12月18日(火)、12月27日(木)~12月31日(月)、1月15日(火)

(料金) 常設展観覧料で御覧いただけます。
<常設展観覧料>個人300円、団体(20名以上)200円、
大学生以下・70歳以上・障害者等:無料(要証明)
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は、無料でご覧いただけます。(要手帳提示)
※70歳以上の方は証明書(保険証等生年月日の記載された物)が必要となります。

チラシのダウンロード(pdf.約3MB)→須走口展A4


ページトップ