狩野中信筆「富士飛鶴図」の解説について

静岡県富士山世界遺産センターでは、2月4日(金)から6日(日)まで、企画展示室にて、センター所蔵品「狩野中信筆『富士飛鶴図』」を特別に公開します(公開の詳細についてはこちらを御確認ください)。

この特別公開に合わせ、以下のとおり、センター研究員が同作品の概要及び歴史的位置付け等を解説します。

日 時 令和4年2月5日(土)午後1時30分から(30分程度)

ーーーー令和4年2月6日(日)午後1時30分から(30分程度)

会 場 静岡県富士山世界遺産センター1階研修室

講 師 松島仁教授(静岡県富士山世界遺産センター)

内 容 狩野中信筆「富士飛鶴図」についての概要、歴史的位置付け、研究の経緯等を画像などを用いて解説します。

定 員 各回とも15名(当日先着)

受講料 無料(富士飛鶴図及び各展示の観覧には別途観覧券が必要です)

申込み 各回とも午後1時00分から会場前で受講申込みを受け付けます。

その他 両日とも解説終了後、午後2時00分から、現在開催中の企画展「富士のことほぎ」のギャラリートークを企画展示室にて開催します(参加には別途観覧券が必要です)。


ページトップ