シンポジウム

静岡県富士山世界遺産センター・ふじのくに地球環境史ミュージアム合同国際シンポジウム

富士山学を拓く-世界遺産富士山から読み解く人類世の自然と文化-

静岡県富士山世界遺産センターでは、ふじのくに地球環境史ミュージアムと合同で以下のとおり国際シンポジウムを開催いたします。
参加は無料ですが事前予約優先となります。

3月2日(金)専門セッション

富士宮市民文化会館小ホール (開場.9:00 開演.9:30)

 

9:30 ~ 09:45 日本自然2.0~富士山と人類世

マーク・ハドソン(静岡県富士山世界遺産センター)

                               2018.03.02_マーク・ハドソン氏要旨

 

【セッション1】 移動と人類世―移住、巡礼、遺産

9:50 ~ 10:20 地球規模の移住と人類世―第二次大戦後の巡礼とツーリズムの拡大

ジョン・イード (イギリス、ローハンプトン大学)

                               2018.03.02専門セッション_セッション01_ジョン・イード先生要旨

10: 20 ~10:50 江戸時代参詣記にみる富士登山の習俗

井上卓哉(富士山かぐや姫ミュージアム)

                               2018.03.02専門セッション_セッション01_井上卓哉氏要旨

10:50 ~ 11:20 アルバニアにおけるもつれた移動の状況―人類世再考

ナターシャ・グレゴリッチ・ボン(スロヴェニア芸術科学アカデミー)

11:20 ~ 11:50 クリュニー修道院をめぐる移動と景観―人類世の線と点

ウエンディ・アトキンソン (フランス、FRV100)

                               2018.03.02専門セッション_セッション01_ウェンディ・アトキンソン氏要旨

11:50 ~ 12:10 パネルディスカッション

チェア& ディスカッサント:ティンカ・デラコルダ川島(山口県立大学)

 

【セッション2】 東西文化交渉のなかの富士山イメージ

13:10 ~ 13:40 ヨーロッパ所在資料に記録された富士山-シーボルトとその同時代人たち

ダン・コック(オランダ、国立ライデン民族学博物館)

                               2018.03.02専門セッション_セッション02_ダン・コック氏要旨

13:40 ~ 14:10 来舶清人のみた富士山

唐 権 (中国、華東師範大学)

                              2018.03.02専門セッション_セッション02_唐権氏要旨

14:10 ~ 14:40 日本の内なる“中華” に屹立する富士山-「日本型華夷意識」を中心に

松島 仁(静岡県富士山世界遺産センター)

                               2018.03.02専門セッション_セッション02_松島仁要旨

14:40 ~ 15:00 パネルディスカッション

チェア& ディスカッサント: ロナルド・トビ(アメリカ、イリノイ大学)

 

【セッション3】 富士山周辺域の環境、過去・現在・未来

15:20 ~ 15:50 森林と花粉(仮題)

ミロスラフ・マコホニエンコ(ポーランド、アダム・ミツキェヴィッチ大学)

                               2018.03.02専門セッション_セッション03_ミロスラフ・マコホニエンコ氏要旨

15:50 ~ 16:20 三保松原の保全

菅原大助(ふじのくに地球環境史ミュージアム)
山田和芳(ふじのくに地球環境史ミュージアム)

16:20 ~ 16:50 富士山における植物群落の分布

増澤武弘(静岡大学)

16:50 ~ 17:20 静岡の先史時代の人類史

日下宗一郎(ふじのくに地球環境史ミュージアム)

                               2018.03.02専門セッション_セッション03_日下宗一郎氏要旨

17:20 ~ 17:40 パネルディスカッション

チェア&ディスカッサント : 菅原大助

 

【3月4日(日)公開シンポジウム】

富士ロゼシアター小ホール (開場.9:30 開演.10:00)

10:00 ~ 10:05 開会挨拶 遠山敦子(静岡県富士山世界遺産センター館長)
10:05 ~ 10:10 主催者挨拶 川勝平太(静岡県知事)
10:10 ~ 10:15 来賓挨拶  谷井博美(宗像市長)

問題提起

10:20 ~ 10:50 静岡県富士山世界遺産センターと富士山学の可能性

 松島 仁(静岡県富士山世界遺産センター)/

          町田宗鳳(ふじのくに地球環境史ミュージアム)

基調講演

11:00 ~ 11:45 富士山国際化の前史-江戸期の言説を中心に-

ロナルド・トビ(アメリカ、イリノイ大学)

                               2018.03.04公開シンポジウム_基調講演_ロナルド・トビ先生要旨

11:45 ~ 12:30 火山がつくった世界遺産・富士山

小山真人(静岡大学)

                              2018.03.04公開シンポジウム_基調講演_小山真人先生要旨

特別講演

13:30 ~ 14:15 世界遺産条約―新しいチャレンジ

ヤツェク・プルフラ(ポーランド、国際文化センター所長・第41 回世界遺産委員会クラクフ会議2017 議長)

14:15 ~ 15:00 ガーデン・アイランズ日本-山川( さんせん) 草木( そうもく) 国土( こくど)悉皆( しっかい) 芸術( げいじゅつ)-

川勝平太(静岡県知事)

富士山学研究の最前線―世界遺産「富士山 信仰の対象と芸術の源泉」を究める

15:10 ~ 15:50 新しい富士講像の構築

大高康正 (静岡県富士山世界遺産センター)

                              2018.03.04公開シンポジウム_富士山学研究の最前線_大高康正氏要旨

15:50 ~ 16:30 富士山と“見立て”

田代一葉(静岡県富士山世界遺産センター)

 

16:35 ~ 16:50 世界文化遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

葦津敬之(宗像大社宮司)

16:50 ~ 16:55 閉会挨拶 安田喜憲 (ふじのくに地球環境史ミュージアム館長)

 

【事前予約はこちらからお願いします(国際シンポジウム特設サイト)】

もしくは静岡県富士山世界遺産センターあてに、お電話で御連絡ください。

 


ページトップ