静岡県富士山世界遺産センターで障害者手帳アプリ「ミライロID」が利用できるようになります!

静岡県富士山世界遺産センターでは、令和4年4月1日(金)から、観覧料の障害者減免を受ける際に、障害者手帳の提示に代えて、障害のある方の生活をより便利にし、負担や不安を軽減するための障害者手帳アプリ「ミライロID」が利用できるようになります。

<ミライロIDとは>
株式会社ミライロが提供するスマートフォン用アプリで、お持ちの障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)をアプリ内に登録することで、手帳情報がスマートフォン画面に表示できるようになり、窓口でその画面を提示することで、観覧料の減免を受けることができます。なお、引き続き、障害者手帳の提示によっても減免を受けられます。

添付資料(チラシ)

<アプリ画面提示による減免対象者>
・ミライロIDアプリ登録者
・登録者の介護を行っている者(登録者1人につき1人に限る)

<アプリ画面提示により減免となる観覧料>
常設展観覧料(一般300円)及び企画展観覧料(企画展ごとに異なる)

<利用開始時期>
令和4年4月1日(金)から


ページトップ