研究員

様々な分野の専任研究員が、富士山を学術的に掘り下げ、他の世界遺産との比較研究を行いながら、世界遺産富士山の価値を世界に発信します。
そして、国内外の大学・研究機関や博物館・美術館と連携し、国際的な世界遺産研究の拠点を目指します。

美術史
教授
松島仁
専門
中~近世日本美術史
主著
『徳川将軍権力と狩野派絵画』
自己紹介

大高康正
歴史学
准教授
大高康正
専門
日本中世史、社会史
主著
『参詣曼荼羅の研究』、『富士山信仰と修験道』
自己紹介

田代一葉主任研究員
日本文学
准教授
田代一葉
専門
日本古典文学・和歌史
主著
『近世和歌画賛の研究』
自己紹介


ページトップ