研究員

様々な分野の専任研究員が、富士山を学術的に掘り下げ、他の世界遺産との比較研究を行いながら、世界遺産富士山の価値を世界に発信します。
そして、国内外の大学・研究機関や博物館・美術館と連携し、国際的な世界遺産研究の拠点を目指します。

美術史
教授
松島仁
専門
中~近世日本美術史
主著
『徳川将軍権力と狩野派絵画』
自己紹介
 中世から近世にかけての日本美術史・文化史が専門で、政治と文化の相関関係、レジームとスタイル(政治手法としての文化様式)について研究しています。なかでも徳川将軍と狩野探幽(1602~74)以下の狩野派絵画について関心をもっています。目下の研究テーマは、徳川将軍が肖像画や縁起絵、源氏物語絵、歌仙絵、歌意図、洛中洛外図、富士山図といった伝統的な絵画主題を自己本位に読み替えることにより、いかに文化的な正当性を獲得し、天皇をいただく王朝世界さらに中華世界の文化伝統に対峙しようとしたか-徳川将軍の文化装置としての狩野派絵画です。
 今後は明・清などの中華帝国や朝鮮王朝、またムガール朝やサファヴィー朝、オスマーン朝などのイスラーム世界、三十年戦争(1618~48)以降の解体期神聖ローマ帝国にも視野を広げ、相互の比較研究も試みていきたいと思っています。

火山学
准教授
小林淳
専門
火山地質学
主著
「箱根火山中央火口丘群の活動とその噴火メカニズムに関する研究:伊豆・小笠原弧北端部のプレート衝突域における構造運動に関連した火山活動」(首都大学東京博士論文、2009)
自己紹介
 私の専門は火山地質学・火山防災です。野外調査で噴火堆積物(火砕物,溶岩)の積み重なりやその拡がりを調査し,数10万年間に及ぶ火山の生い立ちを研究しています。私の研究は,火山の癖を理解して来るべき次の噴火への対策につながるものであり,富士山の噴火史研究をさらに進めることによって社会に貢献したいと思います。一方,巨大な山体を有する富士山は,広大な裾野を有することによってさらに雄大で美しい景観を形成します。このような造形美を作り上げた土地の成り立ち,さらには,土地の歴史,人々の生活との関わりについても,新たに研究を行いたいと思います。

大高康正
歴史学
准教授
大高康正
専門
日本中世史、社会史
主著
『参詣曼荼羅の研究』、『富士山信仰と修験道』
自己紹介
 専門は日本中世史、社会史です。多くの人々を魅了してやまなかった寺社参詣、聖地巡礼の世界を研究しています。前近代社会において、身分や性別を超えて、様々な交通障害や身辺の危険をも省みず、なぜ遠い寺社や霊場まで参詣を行っていたのでしょうか。そこには当時の人々の思考や精神が内在しています。古文書・古記録や絵画資料、民俗資料などを通して、信仰の対象としての富士山の歴史を広く、深く研究いたします。

田代一葉主任研究員
日本文学
准教授
田代一葉
専門
日本古典文学・和歌史
主著
『近世和歌画賛の研究』
自己紹介
 専門は、日本の古典文学で、とくに江戸時代の和歌や俳諧、古典学について勉強をしています。もともと、絵を見るのが好きだったこともあり、絵画に和歌などの詩歌を添える画賛という文芸の、詩・画・書一体となって作り上げる世界に興味を持ち、これまで研究を進めてまいりました。
 今後は、富士山を中心とした駿河国の歌枕について、詠みぶりの時代的な変遷をたどるほか、紀行文や小説類にも目配りをしつつ、言葉の側から「芸術の源泉」としての富士山の魅力を追及していきたいと思っております。

民俗学・文化遺産学
研究員
山川志典
専門
民俗学・文化遺産学
主著
「文化遺産の保護における地域遺産制度の役割」(筑波大学博士学位請求論文、2018)
自己紹介
 専門は民俗学と文化遺産学です。この2つの学問領域は、身近な人々(普通の人々)が、どのような暮らしの営みを伝えてきたのかを考え(民俗学)、それを後世にどのように伝えていくのかを考えていく(文化遺産学)という、「伝える」という接点で結びついていると考えています。
 具体的には、富士山麓で暮らす人々が伝承してきた、自然環境との付き合い方や暮らしを営むための知恵・工夫・技術について、生活の道具等「かたちあるもの」から、信仰に関する祭礼・芸能、口承文芸等「かたちのないもの」まで幅広く手がかりにしながら研究しています。そして、世界遺産である富士山を軸に、国内外の文化遺産の保護―どのように伝え、遺していくのか―のための仕組み(保護制度・手法や利活用計画・方法)やその基となる考え方や理念について、研究しています。


ページトップ