(終了しました)特別展「シリーズ江戸文化のなかの富士山6 富士山 藝術の源泉」

特別展「シリーズ江戸文化のなかの富士山6 富士山 藝術の源泉」を下記のとおり開催します。

チラシはこちら

概要

本特別展では、万延元年(1860)に遣米使節が持参した徳川将軍から米国大統領への贈答品であることが明らかになった狩野董川中信筆「富士飛鶴図」を中心に、幕末・明治の動乱期に活躍した狩野派画家の作品を展示し、近世・近代転換期における富士山イメージの意義を再検証します。

会期

2024年1月1日(月・祝)~2月12日(月・祝) (前期:1月1日~1月 15 日・後期:1月 18 日~2月 12 日)
※会期中、展示替えあり :詳細(「展示作品一覧」)はこちら
※1月16日(火・休館日)・1月17日(水)は休室のためご観覧いただけません。

展示作品一覧

本特別展の展示作品一覧はこちらでご確認いただけます。(PDF)

観覧料

一般 700円
70歳以上 200円
大学生等以下・障がい者 無料(証明書をご提示ください)

※観覧料で常設展・シアターもご覧いただけます。

会場

静岡県富士山世界遺産センター2階企画展示室(静岡県富士宮市宮町5−12)

関連イベント

【1月公開講座】「幕末明治、政治・外交史のなかの富士山」※要事前申込

日時 2024年1月21日(日)午後2時~午後4時30分

講師

エステル・ボエール氏(フランス国立東洋言語文化大学教授〈オンライン〉)
田中純一朗氏(皇居三の丸尚蔵館研究員)
松島仁(静岡県富士山世界遺産センター教授/德川記念財団特別研究員
定員 30名
会場 静岡県富士山世界遺産センター1階研修室
参加費 無料
申込期間 2023年12月1日(金)~2024年1月17日(水)

【特別展監修者による展示解説】※事前申込不要 

特別展監修者による展示解説を行います。お気軽にご参加ください。 

日時 1月1日(月・祝)、1月2日(火)、1月14日(日)、2月4日(日)、2月12日(月・祝)
 各14:00~(30~60分程度)
場所 静岡県富士山世界遺産センター2階企画展示室
解説 松島仁(静岡県富士山世界遺産センター教授/德川記念財団特別研究員)

※特別展のご観覧には別途観覧券が必要となります。

その他

最新の情報は当公式ホームページ(https://mtfuji-whc.jp/)でご確認ください。

 

ページトップ