企画展

(2019.6.15~2019.8.18)「富士山の女神 かぐや姫」展

6月15日より、富士山かぐや姫ミュージアムとの初の共同企画展「富士山の女神 かぐや姫」展を開催します。

富士山周辺では、かぐや姫は月ではなく富士山に帰り、富士山の神様だった、というストーリーが伝承されています。

本企画展では、この富士山に帰るかぐや姫の物語を紹介するとともに、どのようにしてこの地に伝わったかを探り、富士山とかぐや姫伝説の結びつきについて考えます。

 

(主要出品作品)

今回の共同企画展では、富士山や富士山信仰についての縁起や霊験譚をまとめて編集した富士山縁起をもとにして、富士山南麓におけるかぐや姫伝説をひも解いていきます。

富士市今泉の富士山東泉院に伝来する永禄三年(1560)の奥書をもつ『富士山大縁起』をはじめ、8点の富士山縁起を一堂に会し、さらには富士山南麓で450年以上栄えてきた東泉院の寺宝を厳選して紹介します。

 

(開催期間)

2019年6月15日(土)~2019年8月18日(日)

6月 9:00~17:00(最終入館16:30)

7・8月 9:00~18:00(最終入館17:30)

※会期中の休館日:6月18日(火)、7月16日(火)

 

(料金) 常設展観覧料で御覧いただけます。

<常設展観覧料>個人300円、団体(20名以上)200円、大学生以下・70歳以上・障害者等:無料(要証明)

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は、無料でご覧いただけます。(要手帳提示)

※70歳以上の方は証明書(保険証等生年月日の記載された物)が必要となります。

チラシダウンロード→PDFファイル


ページトップ